FX 税金

取引に合わせた口座選びが重要です!

富山県在住 N・Aさん(29歳)

去年の暮れのからFXをはじめました。始めた理由は少ない資金で始められるからです。結婚して家庭に入るまでは派遣として証券会社で働いていたので、同年代の人に比べて詳しい自信があります。

始めるきっかけは、何となくインターネットをしていた時に見つけたFXをしている女性のブログを読んだことが大きいです。同じ歳にもかかわらず値の動きを予測して的確な取引を行なっていました。

それに感激した私は自分でもやってみたくなり、子供の世話が落ち着くころを見計らってFXに挑戦してみることにしました。そしてそれまでにFXに勝つためのコツやお得な口座についても調べていくことにしました。

以前よりもチャートをきちんと見ることが出来るようになったので、少しづつヤル気もでて来ました。FXを始めるきっかけになったブログももちろん今でも読んでいます。

現在は実際に取引を始めていて、今のところギリギリの黒字です。稼ぎ方がわかってきたので、次の目標はもっと大きく稼げるようになること。確定申告で税金を払うぐらい儲けてやりたいです!

これからはリスク分散なども視野に入れながら、もっと堅実な勝負をしていこうと思います。口座ももう少し条件のいいところを見つけてムダをなくしていきたいです。

取引内容に合わた口座選びは重要で、私の場合は短期よりも長期での取引が多いので、そういった取引に有利な口座は常に探しています。現在使っている口座よりももっと条件のいいところがあればスグにでも乗り換えたいからです。

選び方がわからなければ口座をたくさん作っておけば問題にはなりません。人気なものから選んで開設しておけば、いざ取引をバリバリとやっていくころに役立つはずです。

えっ!?脱税?ちゃんとしとこう確定申告!

FXで得た収入は必ず確定申告をしないといけません。しかし、最近では手軽にできてしまうので、納税の知識がないまま、確定申告をせず、結果脱税する形になる人が後を絶ちません。税務署だって、税金を取り立てるのが仕事なのですから、税金未納率の高いFX利益は常に監視しています。脱税する気が合ってもなくても納税しなかった場合は同じ脱税です。見つかってしまえばペナルティがあるのは当然のこと。

ペナルティの一つは追加で税金が課せられること。本来納めるべきだった税金にプラスして30~40%を上乗せして支払わなくてはいけません。それだけならばまだしも、利息が発生しています。本来申告して置かないといけなかった時から年利で14%。これは街金と同じくらいの高利ですよね。下手したら稼いだ金額より大きくなるかもしれません。

もう一つ怖いのは、脱税は大抵執行猶予が与えられるのですが、この執行猶予期間中に、罰金で済まない罰則を受けた場合、即執行猶予が取り消されて逮捕になってしまう可能性が非常に高いです。スピード違反でも罰金で済まないことがあるのでこのケースが当てはまることも十分考えられます。

ちなみに、税務署は、最初から取引内容と取引した人間の所在地を把握しています。ですので、申告してない人は一目瞭然でわかるので隠しても無駄です。下手に隠し立てせず、ちゃんと申告しておきましょう。

FXをするためのPCのスペックはどれくらい必要?

PCで簡単に為替の取引ができるようになったため、FXを始めようと思う人が増えてきました。その時に気にするのはPCのスペック。どれくらいのスペックならいいの?なんて思う人もいるかも知れません。必要スペックはやり方によって違うでしょう。

たとえば、一つのPCにFXソフトを入れ、さらに長時間取引をしながらソフト起動・・・となると高スペック&大きなウィンドウが必要となりますよね。でも、PCを複数台使い、一台を取り引き専用とするのなら、そこまでの高スペックは必要ないでしょう。ただ、一瞬が勝負というケースもあるので、動きは早い方が良いです。

FXをする時に人気があるソフトはMT4。最初はいらないと思っていてもいつか欲しいなとなってしまう可能性もあるのでこれをインストールするかも知れないと言うことを前提としてスペックを考えてみましょう。

まずはOS。MT4はwindowsじゃないと動かないのでwindows。windowsであればXPでもOK。でも7だと互換性の問題か、トラブルが頻発することがありますのでXPモードで対応してみてください。MT4を使わないのであればOSは気にしなくてよいでしょう。

メモリは4GB~。たくさんの情報を処理しないといけないのでメモリはこれくらいは欲しいですね。

CPUが一番重要。これが情報能力を左右します。お勧めはcore。それも数字が大きくなるほどよし。筆者はcore i7を使っていますが、i3はほしいところですね。

あとは回線。PC本体ではないのですが、回線を光にするとサクサク行ったなんてことも聞くので光にできるのならしておいた方が無難かもしれません。

FX、海外業者利用のメリットは?

外国為替市場には個人投資家は直接取引を行うことができません。そのため、今からFX始めるぞ!と言う方はまずFX業者と契約をして口座を開設することが必要となります。日本国内にも業者はいますが、最近では海外の業者を利用する人も増えてきています。

海外業者を利用するメリットは「レバリッジが高い」こと。日本では最高25倍までしかレバリッジをかけられないようになったのですが、海外業者を利用するともっと大きいレバリッジでトレードできます。また、MT4を代表するソフトのプラットフォームを発注にも使えると言うことも魅力の一つですよね。地震の多い我が国では国内災害でシステムが停止することも怖いので、影響されない海外の業者は魅力的。ほとんどの業者は日本語化されているので問題なく使える点も利用者を増やす要因になっています。

しかし当然、リスクもあります。日本の業者は信託保全が義務付けられていますが、多くの海外業者は信託保全はありません。業者がつぶれた時に証拠金が戻ってこないケースがほとんどです。FX会社は意外とつぶれたり買収されたりと言うことが多いです。日本ではちゃんと補償金が戻ってくるように決められていますが、海外ではそんなケースの方がまれと言うことを覚えておきましょう。手数料が高額なケースがあることもデメリットの一つ。ちゃんと説明を読んで納得いく手数料で取引するようにしましょう。

あとは入金されないと言うトラブルがたびたびあります。大事なお金なのでそんなところには渡したくないですよね。

海外の業者は免許がなくてもFX会社開設なんてこともあるので、とても怖いですね。海外業者を利用しようと思ったら、ちゃんと口コミなどで調べてからにしましょう。